×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小顔効果があるセロトニンを登山で最大限に増やす方法

登山中に小顔効果があるセロトニンを最大限に増やす方法

登山中に脳内で分泌されるセロトニンには小顔効果があるので、できればたくさん分泌したいものです。

そのためには、次の登山術がポイントになります。

セロトニンを最大限に増やす登山術

  • 自分のレベルに合った山に登る
    疲労やストレスを感じると、セロトニンは分泌されにくくなります。それほど無理せずに登れる山を選ぶようにしましょう。安全に楽しめるように事前の準備も大切です。
  • 日光をたくさん浴びる
    登山をしていれば、イヤでも日光はたくさん浴びるので、これは問題ないでしょう。むしろ、紫外線対策の方が気になると思いますが、最新の山ファッションはウェア自体が紫外線カット機能を持った特殊な素材が使われているものが増えています。
  • リズム運動
    同じ運動を何度も反復するリズム運動も効果的です。リズム運動は30分から1時間ほど続けると最も効果が出ます。登山は休みを入れながら、半日ぐらいかけて歩き続けるので、ジョギングなどと比べるとリズム運動をたくさんやることになります。
  • 難しいことを考えない、言わない
    セロトニンは言語や思考をつかさどる左脳を酷使してしまうと分泌が妨げられてしまいます。だから、山を登りながら不平不満を言ったり、やたらと頭を使って喋ったり、うんちくなどを言ったり、アングルに凝って写真を撮りすぎたりしないことがポイントです。なるべく、無心で大きな山に自分の身をゆだねるようにして登りましょう。

頂上を目指さなくていい

登山というと、目標を「頂上まで登り切ること」に設定する人が多いですが、必ずしも頂上を目指す必要はないということを知っておいて下さい。

自分が気持ちいい所だけ歩いて、景色が良いところでお弁当を食べて、降りてくるだけでもいいのです。

むしろ、このくらい気軽に楽しめた方が、セロトニンはたくさん分泌します。その結果、姿勢がよくなり、小顔にもなれるのです。

「頂上まで登り切ること」が義務になってしまっては、せっかくの楽しい登山も楽しめないこともありますので、頂上にこだわらないようにしましょう。